9:00 〜 17:00
土日・祝日
2021年08月24日
ブログ・お知らせ

ある日先生が血相を変えてお迎えの時やってきました

次女がお友達に腕を噛まれたとの事

いつも通り笑っていた私ですが、どうも空気が違う

先生が確認してもらった方がいいかもしれない!と

湿布を貼っていた腕を見るとガッツリな歯型

ちょっと血も出ている

でも本人はあっけらかんとしていました笑

 

次の日もたくさん謝られてしまいましたが

私としては生死に関わる事でなければ気にしないのでいいのです

(パパは知らんけど)

そりゃあ顔に大きな傷でも残れば怒るでしょうけど…

なんせ子供の小さい歯型なので、翌々日にはほぼ治っておりました

 

次女はちょこまかと動き回るし、すぐ人のおもちゃを取るので

きっと噛んだその子の気分を害してしまったのでしょう…笑

なんせ3歳以下の子供たちですのでルールなんて関係ありません

次女は活発で守るよりは攻めタイプなので

最初、自分の子が噛んだのかと勘違いしてヒヤッとしたお話でございました…

 

この記事を書いた人
永友 亜里紗 ナガトモ アリサ
永友 亜里紗
お客様に喜ばれるサービスを提供できるように裏方として頑張ります! 宜しくお願い致します。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward