9:00 〜 17:00
土日・祝日
2020年06月16日
社長ブログ

傍楽

月報をダスキン本社から届きます。毎回、目を通していますが。

なかなかタイムリーな記事でしたので抜粋しますと・・。

2019年度の新入社員「働く事の意識」調査結果(日本生産性本部)によると

「働く目的」で最も多い回答は「楽しい生活をしたい(39.6%)」だそうです。

2001年以降、最も多い回答だそうです。

続いて「経済的に豊かになる(28.2%)」「自分の能力を試す(10.5%)」

「社会の役に立つ(9.3%)」は減少傾向との事。

更に「若いうちは進んで苦労すべきか?」の問いに対しては、

「好んで苦労することは無い」が過去最高値を更新(37.3%)

また、仕事よりプライベートを優先する傾向が多いそうです。

現代の労働観の傾向をまとめると・・・。

・楽しく生活がしたいから働く

・出来るだけ楽な仕事がしたい

・経済的に豊かになり、自由な時間を確保して好きな事をしたい。

このような考えが現代では浸透してる訳ですね。

働く動機は人それぞれ、僕が思うにどれが正解でもないと思います。

しかし、「他人の事を考えず自分の都合を優先できる仕事がしたい」

という労働観は我々のお客様のご要望にお答えするサービス業にはそぐわないと

思います。

創業者の鈴木清一はこういっています。働くとは?

「傍(はた)にいる人を楽(らく)にする事:そばにいる人を楽にさせる」

 

お客様のご要望にお答えし、期待を超える感動をお届けする。

AIにはできないサービスを目指す私達にとって「傍楽」は大切な仕事の意義、

労働観を表現している言葉かと思います。新しく募集をする事となりましたが、

共通する価値観の元、求人の方も進めて行きたいと思います。

arrow_upward