8:00 〜 17:00
水曜日・祝日
2019年10月31日
社長ブログ

注文を間違えるスープ店!

注文を間違えたらいけないという固定概念をかえますよね。この企画 ↓

日向の食堂tetote(テトテ)で、認知症を患った人が店員を務めるイベント

「注文をまちがえるスープ店」が行われたそうです。

東京などで2017年6月から不定期に行われている、

認知症の人がスタッフの「注文をまちがえる料理店」の取り組みを知り企画したそうです

記事を読み続けますと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初のうちは表情が固く、ぎこちない様子だったが、積極的に注文を取りにいったり、

水を出したりしたスタッフ。

料理を出しながら「メニューAです」「おいしいですよ」と

客に声を掛ける姿も見られたそうです。

スタッフを務めた80代男性は「あいさつをして、食事を出し、

お皿を下げるところまで全部やり、楽しかった。言葉遣いも考えた」と話す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関係各所との色んな詰めがあるとは思いますが、

こんな時代ですからお互い優しい気持ちになれる、素敵な空間だと記事を読んだ

時に思いましたね。これきっかけで認知症についてまた深く知るきっかけにも

なりますし、リクシルグループでは認知症サポーターとしての役割もありますから

お手伝いできる事があれば是非、お話を聞かせて貰いたいものです。

注文を間違えるスープ店の記事はこちら ↓

https://hyuga.keizai.biz/headline/736/

arrow_upward