8:00 〜 17:00
水曜日・祝日
2018年11月10日
ブログ・お知らせ

今年の6月に川南町の伊倉が浜にサーフィンしに行った時に

ウミガメの産卵のあとを見つけました。

 

おじさんが一人で何かしているので

近づいてみると卵を集めていました。

 

話をしてみると

ふ化場持って行き、ふ化したら海に

返すことをしている施設に人でした。

ふ化場に移すのは、野生動物や高波などから保護するためです。

 

卵を管理していても

全部が無事に生まれる訳では無いみたいです。

その人から色々とウミガメの事を教えて頂きました。

産卵の為に上陸しても産卵せずに海に帰る事も

多いそうで卵を探すのも中々大変だそうです。

 

こういう人たちがいてるので

環境が守られているのでしょうね。

 

ウミガメが上陸した後です。

線みたいな跡がずっと続いていますね。

人がいてる所あたりが卵がありました。

 

 

 

この記事を書いた人
永友 亮史 ナガトモ アツシ
永友 亮史
どんな汚れもキレイに致します! よろしくお願い致します!
arrow_upward